news
ヘテロ接合太陽電池用の2層反射防止コーティング
2021-08-10


韓国の科学者たちは、平均セル反射率を低下させ、短絡電流を大幅に増加させるとされる新しいコーティングを開発しました。コーティングは酸化アルミニウムとインジウムスズ酸化物をベースにしています。




韓国の成均館大学(skku)の研究者は、シリコンヘテロ接合太陽電池用の反射防止コーティングを開発しました。これは、彼らのよく知られた弱点の1つである低短絡電流(Jsc)を改善できるとされています。


科学者たちは、薄いウェーハに基づくヘテロ接合セルは、太陽スペクトルの赤と近赤外線部分での吸収効率が低く、その結果、jscが低くなると述べました。


「水素化アモルファスシリコン(a-si:h)エミッター層は、屈折率が高いため、shj太陽電池で過度の反射損失を引き起こします」と彼らは説明しました。したがって、光損失を下げると、太陽電池の吸収特性が向上します。これは、高効率を達成するための重要な側面です。 â€


二層反射防止コーティング(dlarc)は、50 nm〜70nmの厚さのインジウムスズ酸化物層の上に配置された誘電体層酸化アルミニウムに基づいています。




光学シミュレーションを介して、学者は、新しい層が細胞内の光学的損失を大幅に最小限に抑えることができることを観察することができました。彼らの測定によれば、酸化アルミニウム / 酸化インジウムスズdlarcを備えた太陽電池は、外部量子効率の増加を示しました。これは、特定の波長の入射光子によって生成される外部回路内の電子数の比率を定義します。 76.89%から84.34%に。また、コーティングで製造されたセルと比較して、平均反射率が9.33%から4.74%に減少し、jsc 39.91 ma / cm2から41.13 mA / cm2に増加しました。 itoレイヤーのみに基づいています。


「改善された光学的および電気的特性により、セル効率が20.95%から21.60%に向上します」と科学者たちは断言しました。これらの結果は、製造された(酸化アルミニウム / 酸化インジウムスズ)dlarcが産業用シリコンヘテロ接合太陽電池アプリケーションで効果的に使用できることを示唆しています。 â€


科学者たちは、最近物理学の結果で発表された「al2o3 / ito二重層反射防止コーティングを使用したヘテロ接合太陽電池の光学的および電気的特性の改善」における反射防止コーティングについて説明しました。


*ネットワークから複製された記事、侵害の場合は、削除するために連絡してください。





登録 ニュースレターの場合

毎月のプロモーションにサインアップして、最新の製品を入手してください ニュース!

メッセージを送ります
メッセージを送ります
もし あなた 私たちの製品に興味があり、詳細を知りたい場合は、ここにメッセージを残してください、私たちは返信します あなた できるとすぐに

ホーム

製品

連絡先